FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ若者

 最近、派遣切り等に見舞われた若年貧困層が立ち上がり、声をあげています。そのメッセージの中に「この年収では結婚もできない!」という種類のものがあります。テレビ等のマスゴミに言わされているのでしょうが……、私は、若者層がひどく虐げられているといるという認識については同意見(同情的?)なのですが、この種のスローガンにはちょっと違和感を感じます。

 それは、この「結婚できる給与額の要求」が、まさに日本が高度成長時代に作り上げてきた「年功序列賃金制度の維持」を意味しているからです。その主張の中では、給料とは「お金が必要な人に払うもの」であり、「仕事の成果に対して払うもの」とは位置付けられていないからです。だから、子どもの教育費や家のローンなど、一番お金が必要な40代中盤から50代前半の給料を高くして、薄給でも暮らしていける若者には安い給料を払うのです。

 日本では女性の給料は男性よりかなり低く抑えられていますが、この背景も同じでしょう。女性軽視うんぬんの前に、女性とは「一家を養わない人間」であり、「一家を養う必要のある」男性により多く払うのは当たり前だと考えられてきたのです。

 さらに、今は多くの企業で廃止されましたが、以前は多くの企業に「家族扶養手当」なども存在していました。給料とはまさに「家族を養うために必要なお金を支給する制度」だったのです。

 翻って現在、若者たちは「こんな年収では結婚できない」と自らの不遇を訴えます。けれど、もし今の段階でそれに必要な額を払えば、彼らは数年後には「こんな給料では子育てできない」と言い出すでしょう。そして10年後には「こんな給料では家のローンが払えない」、60歳になれば「こんな退職金では親も介護できない」と言い出すことになります。

 これをすべて満たしていけば、彼等の主張は「年齢が上がれば、必要な額も多くなる。したがって、中高年により多くを支払え」という主張となり、つまり「年功序列賃金を維持してくれ!」という主張と同一となります。

これ、なんだかおかしくありませんか?

彼らが主張すべきはあくまで「成果に基づいて払え!」というメッセージのはずなのです。そうすれば、自分たちと変わらない成果しか出していない中高年が貪っている不当に厚い賃金を一部分配させることができるはずなんです。
スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

プロフィール

uebo

Author:uebo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。